どの自治体でも通用する最適な分別法

この記事をシェアする

各資源の分別

資源ゴミを出すには、これ以上分別できない最小単位に分けることが求められます。
例えば工作でいろいろな材料を組み合わせて作ったおもちゃも、捨てる際には元の状態に分解するようにしましょう。

ここから先では、全国の自治体におおよそ共通する資源ゴミの理想的な洗浄・分別方法をご紹介します。前のページで取り上げたように、高度な処理施設にごみを預ける自治体では資源ゴミの分別が少なくて良い場合もあります。

ペットボトルは、中を水洗いしラベルをはがして出します。栓がついている場合は外してください。近くのスーパーや各学校でキャップの回収箱を目にすることもあります。その箱を見つけたら、キャップを外しまとめて集めておきましょう。

有害物に注意

容器包装プラスチックについては、いくつかの注意事項があります。
可燃ごみとの区別をはっきりつけましょう。
まず、リサイクルの対象になるのは「プラ」のリサイクルマークがついたものだけです。資源ゴミとして出すためには、よく洗ったうえでにおいも油も落とした状態のものだけを分別します。それができない場合は可燃ごみとして捨ててください。

使い古した衣類やカーテン、毛布などは古布として分別します。汚れたものは資源ゴミとして出してはいけません。
また、乾電池などの可燃性の有害物は上の資源と別々に処理します。

スプレー缶を捨てるときには、必ず中身を使い切り風通しの良い場所で穴あけなどのガス抜き作業をしてください。捨てる先については自治体と要相談です。
スプレー缶はもともと可燃性のガスが入っていた容器です。これを回収する作業員を、ごみ収集車ごと危険にさらすことのないよう気を配りましょう。